腰椎分離症・すべり症

こんな悩みでお困りではありませんか?

  • 肩こり画像
  • 腰痛画像
  • 頭痛画像
  • 脊椎分離すべり症を診断された
  • 立ち仕事がきつく、腰がいつも重だるい
  • 腰を反らしたり曲げたりすると痛い
  • 3か月も治療に通っているが良くならない
  • 今は落ち着いているが、いつ痛みが出るか不安

でも、大丈夫です。

当院にはこのような悩みでお困りの方がたくさん来院されますが、多くの方が改善されています。原因を見つけ早めに対処しましょう。ほったらかしにしておくと症状が強くなり改善しにくくなってしまいます。

一人で悩まずに当院にご相談ください。

分離症

脊椎分離症は椎間関節の椎体と椎弓の部分の骨が分離する状態です。
原因として、激しい運動を繰り返すことで徐々に骨の分離が起こるという事での「疲労骨折説」です。
少年期のスポーツで腰部に繰り返し負担がかかることで発症する場合がありますが、分離症自体は痛みを出すことが少ない。

すべり症

脊椎すべり症は椎骨が前後にずれて滑っている状態です。
分離症に伴って起こる「分離すべり症」と、分離に伴わない「変性すべり症」に分けられます。

分離すべり症は椎骨の分離によって脊椎が不安定なります。
分離を伴わないすべり症は、椎間板の変性によるものが多く、腰部脊柱管狭窄症の原因となっています。

一般的な腰椎分離症・すべり症への処置は

  • コルセットによる固定で椎体と椎弓の癒合を促す
  • 痛み止めのブロック注射
  • シップや痛み止めの処方
  • 運動療法やマッサージ

脊椎分離すべり症への処置はこれらが一般的です。しかし、整形外科では特別な治療法があるわけではなく、保存療法もしくは、手術という事になります。

当院での腰椎分離症・すべり症への施術法は

カイロプラクティックのテクニックに分離した椎体と椎弓を近づけるテクニックがあります。

  • 腰椎分離すべり症になって初期の段階では…

腰椎の角度は前傾しており、そのままにしておくと、どんどん滑りがきつくなってしまい椎体と椎弓も離れやすい状態になっていきます。離れてしまっている骨はなかなか融合しにくく、出来るだけ骨と骨を近づけてあげる必要があります。

近づけていく施術をしていくことで融合しやすい状況を作っていきます。

  • 骨同士が融合しないで時間が経ってる場合は…

骨同士の融合は望めませんが、腰椎の滑りが起きないように調整をしていきます。

おそらくこの施術が出来る先生はとても少なく、他の治療院では、まず出来ない施術方法です。

脊柱分離すべり症でお困りでしたら、当院にご相談ください。

当院の施術法とは

  • らせんそう流整法(血流の流れを整える仕術) 特に体の最も大切な臓器である腸の血流をしっかり通し、土台となる骨盤や股関節の調整を行っていきます。    ※施術はすべてオールハンドで行っていきます。
  • 当院独自の骨格調整(神経の働きをスムーズにする為のとてもソフトな骨格調整。)※瞬間的に音を鳴らす矯正ではございません。
  • 左右の筋肉のバランスを調整(ストレッチ、陰圧による筋肉調整)固まった筋肉に対して押し込むのでなく、引く力によって筋肉を緩めていきます。

などを中心に施術を行っていきます。

当院は17年間の臨床経験を基にお客様の体への見立てをしっかり行い、最短で良くなる為のアプローチをして症状の一時的な解消ではなく、根本の問題から解決していく施術と日常生活においてのアドバイスをさせていただきます。

 

「私に合っているか不安……」

「施術ってどんなことをするの?」などの声をよくお聞きします。

そんなあなたに特別な提案です。

1日1名様限定の料金ですが、この機会に当院の施術を受けてみてください。

 

HPを見たとお伝えください。

LINE登録・予約方法

施術中、夜中などは返信に時間がかかる場合がございます。

志 整体院

〒374-0021群馬県館林市瀬戸谷町2180-4 KOSHINハイツ1階